忍者ブログ
日常・映像・写真・旅・絵、自分の身の回りでおこる出来事を抽象的に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画を見たので、ご報告。
誰に?

026 美女缶

筧昌也 監督

世にも奇妙な物語 春の特別編でも放送されたらしいが、テレビの方は全くしらないんだけど、確かに世にも奇妙な物語にはぴったりの話。
男的目線なのか、凄く近いところで描かれてる気がしてドキドキワクワクしながら物語に入り込めた。妄想・欲望から発展していくところから、主人公自身にもしかけがあるという流れがなんとなく不気味だった。癖のある登場人物もよかった。
楽しめる作品だと思う。


027 海炭市叙景

熊切和嘉 監督

佐藤泰志さんの同名短編小説を映画化した作品。熊切監督の故郷でもある函館を舞台に描く群像劇。
何かこう見終わった時に、感情が心の奥でくすぶっているのをじわじわと感じる作品。
ぬるっとした言葉にならない感情を残して去って行くような作品。
個人的には好き。好き嫌いというか、ヒットしない人には全くヒットしないと思われる。
ひとこまひとこまの画がすごくよかった。特に街の全景を映した映像にはぐっと惹きつけられた。
何気ない日常を演出して描くことは凄く難しいんだろうなと感じた。
作品としては長い方に入ると思うが、個人的にはもっともっと長くてもよかったかなと思う。
DVD出たら改めて見たいと思う。


028 DOCUMENTARY of AKB48 to be continued

寒竹ゆり 監督

AKBの主要メンバーのインタビューをもとに、互いの志や関係性を描いたドキュメンタリー作品。
なんだか見始めた時は、画に岩井さんの雰囲気あるなーって思ってたくらいで内容的には”今”を崩さずに描いているなーって少し残念に思って見てたけど、後半になるにつれて昔からの主要メンバーの部分に入っていくと、
おっ!
そんなこと考えてるんだー、みたいな興味を惹かれる部分はあったかな。
AKBファンが見たらもっとおもしろいんだろうけど、正直あまり知らない自分にとっては、ドキュメンタリーというよりも、”今”を切り取ったっという感じが強かった。
本当に10年後だったら、もっと面白いかもしれない。
序章という位置づけなのかも。
もっともっと踏み込んだ部分の映像も絶対に撮っているような気がするから、そいう部分を見たい。


029 歩いても 歩いても

是枝裕和 監督

是枝監督の作品、凄く好きです。
なんだか本当に目の前で行われいるような自然な雰囲気が出ていて、ただ見ているだけで惹き込まれます。
冒頭の、樹木希林とYOUの台所での親子の会話シーン。ふたりの演技力やキャラもあるんだと思うけれど、凄く好きです。
そして出ている役者の方々のほとんどが、ものすごく演技がうまい。
し、関係性の描き方にとても共感できるのも魅力。
そうそうこんな感じ!みたいなことを心の中でつぶやいてしまう。

ラストのシーンで少し思うのは、日々の日常が流れて行く感じで終わってしまっても個人的には気にならないんだけど、何かしらの締めをもってくるのが少し残念に思えてしまう。ないほうが好きです。


030 おとうと

山田洋次 監督

吉永小百合の演技というか、役柄というか、何だろう、なんだか全てに魅了されました。確かに現代では「!?」と疑問に感じてしまう言葉だったりやりとりだったり、とそう思われてしまうところもあるかもしれませんが、そこも含めてというか、日本のよき女性像としての風格がすごすぎてビックリしました。
いままであまり知らなかったので、これから知っていこうという興味がわきました。
本当に素敵です。
そして、鶴瓶の演技もいいです。
人柄なんだろうか、役柄にはまっています。
邦画のよいところだと思うんですが、きめ細やかな日本人的人物描写は見所です。


長くなってしまった。
やっぱり映画はいい。








拍手

PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
NISHI
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/09/25
職業:
映像系
趣味:
映画 旅 写真 画
自己紹介:
フリーランスで映像制作しています。
2014年から自宅を飛び出し5人の仲間たちと共同作業場を借りました!
映像制作traveloqu(トラベローク)にてMusicVideoやLIVE映像など音楽系の映像を中心に活動中。最近はTV番組やドキュメンタリー映画にも参加。
編集ではFCPからPremiereへと乗り換え、Adobe族に。

目指すは「イメージの具現化」

NikonのF3で写真撮ったり撮らなかったり。

今年の目標は「図太く図々しく!」
やりたいなら何がなんでもやるんだよ!
と、自問自答を繰り返しています。。。
Twitter
最新記事
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
忍者アド
忍者ブログ [PR]
"NISHI" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.